事業内容

入稿ルールについて

ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

1)入稿に必要な物

1.データ(完全データ入稿)
2.印刷用トンボ付きPDFデータ
  PDFの変換の際は弊社推奨のジョブオプションをお使いください。
3.出力見本(オンラインでのご入稿の際はJPEG、PNGなど画像の添付をお願いします)
  出力見本を御支給頂く場合は下記に記載の住所へ送付下さい。

2)データ形式について

入稿のファイル形式は大分類で3つに分かれています。各形式によって注意事項が異なります。
A.PDF入稿
B.ネイティブデータ入稿(イラストレータやインデザインデータのことです)
C.Office、一太郎などWindows RGBアプリケーション

3)データ送稿方法

メール
データはZIPなどの圧縮データにして送付下さい。
担当営業または、担当者へ直接メールにて送信していただけます。メールアドレスは営業担当へお問い合せ頂くか、お問い合せページにてご確認下さい。
お客様がご利用のプロバイダにより送信可能なメールサイズが制限されていますのであらかじめご確認下さい。弊社サーバーの制限は20MBとなっております。

WEB入稿
Web入稿より手軽にファイルアップロードが可能です。200MBまで対応しております。

FTP
大容量データでの送信が可能です。ご利用の際お問い合せページから、[FTPアカウント希望]とご連絡くださればすぐに発行致します。

郵送・持ち込み
入稿の際は出力見本の添付をお願いします。出力見本の添付が出来ない場合は、JPG、PNGなどの画像ファイルを添付して下さい。
メディアは基本的に返却致しますが、お客様でのバックアップをお取り下さい。
送付先
株式会社ナミカワ
〒510-0064 三重県四日市市新正5丁目3番17号
TEL 059-352-6341

4)校了確認

完全データ入稿の場合は、出力見本通りであればお客様への校了確認は致しません。
色校正などプルーフ校正をして頂く際は、校了の通知をメールなど書面で残るものか、こちらの「校了確認書」をFAXお願い致します。
校了を頂いてからの修正(再入稿)やキャンセルは発生した金額分の追加料金が発生します。予め御了承下さい。

5)対応アプリケーション

対応アプリケーション一覧をご参照ください。

6)データチェックおよびプリフライトについて

印刷の基準を満たしているデータであるかチェックしております。塗足し・トンボなどの設定や、CMYKデータであるか、解像度、TAC値(総網点量)などです。
チェックを行う項目は以下の通りです。

チェックサービス項目
チェックにて問題が発見された場合、基本的に弊社にて修正は行いませんので、再入稿となります。
※Office、一太郎などのRGBを扱うソフトでは以下のチェックは行いません。詳細は別途「Office、一太郎などWindows RGBアプリケーション」にてご案内致します。
□データ形式は、EPS形式。ai、indd、psd、epsなどネイティブデータも可能です。
□トンボが正しく設定されているか。
□塗足しは3mmであるか。
□CMYKデータであるか。
□サイズが正しいか。
□4色トンボ以外は、TAC値(総インク使用量/総網点量)が350%以下であるか。
□リンク漏れがないか。
□イラストレーターの場合アウトラインがとってあるか。※対応フォントのみご使用の場合は環境の差による文字ズレが生じることがありますが、改行位置などが変わらなければ微少な差異は発生する恐れがあることを予め御了承下さい。改行位置やリフローが発生する場合は、アウトラインをしたもので入稿をお願い致します。
□フォントを含む孤立点は取り除く。
□使用色がCMYK、グレースケールであるか。RGB、スポットカラーは当社規定のICCプロファイルベースでCMYK変換されますのでご注意下さい。
□書類のカラーモードがCMYKであるか。

入稿データの差し替え
完全データ入稿を前提としておりますので、最終校了データでの入稿を想定しております。差し替えの想定は予めしておりません。万が一再入稿が発生する場合は、まずお電話にてお知らせ下さい。その時点で差し替え可能か、納期遅れの有無、料金が発生してしまうかなどをお知らせ致します。突然連絡も無いまま再入稿されて起きたトラブルについては保証できかねますので予め御了承下さい。

RGBデータの扱い
基本的には不可ですから発見した時点でご連絡します。そのまま出力してもよいという場合は、ICCベースでAdobe RGB1998からJapan Color 2001 Coatedにて変換されます。この色の変換によるクレームは一切受け付け出来ません。

オーバープリントの扱い
指定が無い場合は、K=100%の部分が自動オーバープリントになります。アプリケーション側での指定を優先し、自動オーバープリントをしたくない場合は「データ仕様確認書」にてご指定下さい。

7)保証できない一般的なトラブル

内容
□不要なアタリ罫・ミシン線の削除忘れ。
□日付・曜日の間違い。
□は・に・を・で・です・ますなどの間違い。
□電話ファックス住所などの間違い。
□著作権を侵害するような内容に関しては一切責任を負えません。
□公序・良俗に反するものアダルト関係のものに関しては一切責任を負えません。印刷をお断りさせて頂いております。
□見開きのページノンブルの左右が逆である。

データ
□イラストレーターのパターンの図柄のズレ。
□塗あり線幅無しの線は出力されません。出力見本で見えていても保証できません。
□透明効果の設定に不都合があり分割線が生じても、出力見本では発生していなくても保証できません。

8)内容の校正について

校正については、出力見本と同一であるかの校正を行います。文字などの内容の校正は行いません。また、一般的なデータ制作上の常識を踏まえていないデータにより、意図した出力結果でなかった場合、責任を負えません。「保証できない一般的なトラブル」をご参照下さい。また、頂いた出力見本及びスクリーンショットと印刷の表現とは、性能差があることを予め御了承下さい。

9)品質について

□ピンホール、汚れなどにつきましては検査を行っておりますが、お気づきの点はお申し付け下さい。もし少量混入している場合は添付しました予備をお使い下さい。

10)注文のキャンル

入稿されるまでのキャンセルはキャンセル料は発生致しません。
データチェック完了後は弊社規定のキャンセル料が発生致します。
刷版・印刷工程に進んでいる場合は印刷料金の全額ご負担となります。状況によっては折り・製本代金などは積算しないことが御座います。予め御了承下さい。

11)データ制作の参考となるサイト

アドビパブリッシングソフトウェア関連資料
社団法人 日本雑誌協会
社団法人日本グラフィックサービス工業会 [JaGra]

12)免責事項

株式会社ナミカワは受注金額以上の保証はいかなる場合も致しません。


※記載されている他社製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。本書では、TM、R、Cなどのマークは記載していません。
※記載された内容については、改良のため予告なしに変更される場合があります。

お問い合せ

※2015.9.15更新

PageTop